FC2ブログ

はぎれで・・・

寒くなってきたので、イヌたちにパーカーを作りました。


20071124.jpg



20071124_2.jpg



ヒトの服を作った後に残る「はぎれ」で作ったのでコストゼロ~。

スポンサーサイト



美しバゲットへの道

20071121.jpg


最近こんなパンを焼くようになりました。
クープがバリーッと開いて本格的!・・・と言いたいところですが、
これは焼くときにバターを乗せて開きを良くさせている「なんちゃって」
です。

それでも常温でゆっくり発酵させているせいか、
味わいはなかなかのもの。
あ、もちろん生地作りはホームベーカリーです。
どこまでもラクできるところはラクしたい主義。


でもやっぱり、クープは油脂の力を借りずにムガーッと
開かせたいし、皮はバリッと中身はしっとり、
シロウトでも上手くできる方法はないかしらん、と
探していて見つけました。


少しのイーストでゆっくり発酵パン こんな方法があったんだ。おいしさ再発見! 少しのイーストでゆっくり発酵パン こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
高橋 雅子 (2007/01)
パルコ
この商品の詳細を見る



ゆっくり発酵させる点では、天然酵母でパンを作る方法と
かわらないかなーと思いつつ、表紙をはじめ、紹介されている
パンはどれも家庭用の3万円くらいのオーブンレンジで
作られているというので、その方法が知りたくて買ってみました。
(バゲット作るためにスチームオーブンレンジ買うよりは、
安上がりじゃないかと言い訳しつつ・・・)



で、一晩かけて発酵させて、焼いてみました。


20071121_2.jpg

あっれー!?なにこの中途半端な開き方は!



と思ったら・・・・



20071121_3.jpg

裏側がバリーッと開いてました。



本の通りにやらずに省略してしまった部分もあったので、
さっそくまた今晩挑戦してみようと思う私でした。
(そんなにたくさん、誰が食べるんだろう・・・)



益子へ

20071113.jpg
直径15cmくらいのしのぎの鉢。ちょっとゆがんでいたせいか、これで1,000円。
このゆがみがかえっていい感じだと思うけど・・・割れるかな?




益子の秋色陶器市、もう10日も前になってしまいましたが
じつは行ってきました。

一番混むであろう日曜日に、しかも朝もゆっくり出かけたので
着いた時にはもう道に人があふれて大変な騒ぎ!
でもまあ、たまにはそんなざわざわした雰囲気もいいものです。

しかしここで私の良くない癖が。
出かけるって分かっているのになんにも計画しないから、
出発してから忘れ物に気づく。
今回忘れたのは、帽子(いい天気だった)、カメラ、携帯、
そして現金!

お財布持ってても、中に3,000円しかないんじゃお話に
なりませんて。

着いてから気づいたので、陶器市そっちのけでまずATM探しから。
会場中心部からえらく離れたコンビニか銀行まで行かないとないので、
これは大失敗でした。

銀行への往復で疲れきってしまったものの、それなりに
気に入ったうつわも手に入りましたが、今回はどうも食べ物に
釣られてばかりで、食べ物に使った額のほうがうつわ代より
高かったような気が・・・。

共販センターで、おばちゃんが次から次へと揚げている
天ぷら(本当はうどんと一緒にその場で食べたかった~)や
炭火のまわりにずらり並んだ鮎の塩焼き。
もうその雰囲気だけで買いますっ!とお財布を開いちゃう。

そして最初から目を付けていた見目陶苑のテント村のカレー、
これがめちゃめちゃおいしくて、帰ってくるなり自宅でも
再現したほど↓。

gohan071106.jpg
現物の写真はないので、再現写真をどうぞ



そうそう、同じテント村に出店してた雑貨屋さんで気になった商品、
後で買いにくるつもりでその場を後にしたら、もう一度戻ってきた
ときには完売してた・・。
あんなにたくさんあったのに~!?ということで、
こういう場所では一期一会、出会ったら買い!ということを
改めて学びました。


+ + + + + + + + + + + + + + + 


帰り道、ちょうど開催中だった笠間の菊まつりに寄り道して、
笠間稲荷で菊を見たり、終いかけの骨董市を冷やかしたり、
ここでも名物くるみ稲荷(ウマー!)やメンチカツ(何故?)を
買って帰りました。(食べ物しか買ってないよ・・・。)
しかし笠間、あなどれない。くるみ稲荷は絶対リピート(笑)だし、
↑のアンティーク雑貨屋さんも本来のショップは笠間。
今度は笠間を目的地にゆっくり来てみたい。


帰宅してから益子で一カ所、見逃した場所があったことに気づく。
まあ、次の春の陶器市に行くときの楽しみにとっておこう、と
そんなゆるい感じの益子です。

ホームベーカリーふたたび。

20071101.jpg


少し前に、ホームベーカリーを買いました。
今のところ、パンは100%これを使って作ってます。




じつは私、一度ホームベーカリーを捨てた女です。

前に持っていたのは、1万円以下の安ーいもの。
機能の違いなんてよく分からなくて、とにかく
「こねてくれて、ついでに焼いてくれればなおよし」
くらいの気軽さでした。


しかしやっぱり安物はそれなり。
使い勝手もいまいちよくないし、手でこねたり
フードプロセッサーでこねたパンのほうができがいいので
ホームベーカリーをあまり使わなくなり、
ある日、燃えないゴミの日にひっそりとさよならしたのでした。
(パンケースの内側も傷だらけで、充分使いきった感はありましたが。)



しばらくは特にどうとも感じなかったけれど、
やっぱりホームベーカリーがあれば便利だな~と思った今年の夏。
夏バテなのかパンを作る気力がない。
でも作らないと朝食べるものがない。
あーホームベーカリーがあったらな・・・と
再び思うようになり、ついに買ってしまいました。


前回の失敗を繰り返さないよう、メーカー各社の
機能やクチコミをしっかり調べて買ったのがNationalの
最新型。値段は決して安くないけれど、おもちも作れると
いうのが最後の決めてでした(笑)。


実際使ってみてびっくり。
前に使っていたものに比べて、音は格段に静か、っていうか
こねてることを忘れるくらいの静かさ。
前のはこねてるあいだ中、「ゴゴゴゴゴゴ、びたびたびた」と
唸っていたのに。(びたびた、は生地がケースにあたる音)

そして焼き上がったあと、パンをケースからだすときにも
するっと外れてまたびっくり。前のは何度も上下に振らないと
パンと羽根が離れてくれなかった・・・。

パンの膨らみ方もぜんぜん違うし、ああ、値段の違いは
使い勝手、出来映えの両方ではっきりと差が出るもの
だったのですね・・・。


前のを壊れていないのに捨ててしまった罪悪感もあるし、
今度こそ、モーターが焼き切れるまで、大切に使おうと
心に誓ったのでした。