FC2ブログ

ある意味危険

080315.jpg


ちょうど今頃の季節にいいかなと思って作った薄手のセーター。

このデザインは簡単に作れる上にかわいいので、今回で3着目。
同じ型紙でも生地を変えると印象がガラッとかわるのもおもしろい。
型紙が意外に高価なので、何着も作って元手をとりたい、というのも
あるけど・・・。


でも、そうやってあれもこれも縫っていると、いつの間にか
「服は買うもの」ではなく「作るもの」になっていて、
とんとお店では買わなくなってしまいました。

お店でちょっと気に入った服を見つけても、「これなら作れるか!?」と
発想がソッチへ飛んでいってしまう・・・。

これはもう、世間からちょっと浮いているのではないかと
ハッと我に返ったりもするけれど、
今日も今日とてインターネットを駆使して生地探し、型紙探し・・・。
スポンサーサイト



雛祭り

20080303.jpg


お雛様を出さなくなってもうどのくらい経つんだろう・・・と
思っていたら、母からこんなかわいいお雛様が送られてきました。


つるし雛というそうです。
もとは伊豆稲取あたりで作られていたらしいのですが、これは
群馬の実家のそばの、80代のご婦人が作った手芸品。

飾りにはひとつひとつ意味が込められていて、本来は子供の成長を
祈るお母さんが作るものだったそうです。


20080303_2.jpg

これはよく見かけるさるぼぼ。猿は丈夫に育つことと、
厄が「去る」をかけているのだそう。
(この間見たテレビの受け売り 笑)

ほかにもお金に困らないように巾着、とか
病気除けに三角の薬袋の形を模したものとか、
いろいろあります。


20080303_3.jpg

私のお気に入りの赤子(?)。かわいい~。